男も化粧水をつけたほうがいいの?【メンズスキンケア】

サークルの合宿に行ったり、友達とお泊り会をしたりすると最近よくみかける、化粧水男子

シャワーを浴びた後や朝起きて顔を洗った後、「化粧水ない?」と会話するのをよく聞く。
そして、僕もその「化粧水男子」の一人だ。

しかし、その化粧水をつける意味や効果は本当にあるのだろうか?

(なんかつけとけば美容に気を遣ってるオシャな大学生と思われる…)
そんな安直な考えでは化粧水がもったいないぞ!

実は化粧水はめちゃめちゃメリットだらけなのだ!

①まずなんといっても肌を潤してくれる!

マイボイスコム株式会社の調査によれば、なんと男性の6割弱が乾燥肌だそう。お風呂あがりや寒い時期に肌がカサカサしてしまうという人も少なくはないだろう。

乾燥肌を放っておくと、肌が粉をふいたようになってしまったり、かゆみが発生したり、ひどいと皮膚炎で荒れてしまったりしてしまうぞ。

さらに、後で詳しく説明するが、乾燥肌はニキビの原因にもなりうる。

それに…肌がカサカサだとモテないぞ!(たぶん)
モテてる奴はみんな肌が潤ってるぞ!(そんなことはない)

とにかく、肌が乾燥してるとヤバいことがわかったかな。化粧水は肌にうるおいを与えてくれるぞ。

②ニキビができにくい肌にしてくれる

ニキビに悩む男子!化粧水で解決できるかもしれないぞ。

まずニキビができる原因から見ていこう。
ここでキーワードになるのが「皮脂」。

皮脂は、毛穴から分泌され、汗と混ざって皮膚の表面を覆い、肌の水分がなくなるのを防いでくれている。

皮脂は肌の水分がなくなるのを防いでくれているのに、その守るべき水分がない(=つまり乾燥肌)とどうなってしまうだろう?

容易に想像ができるよね。
肌の水分と油分のバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌された状態になってしまうのだ。

つまり毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、出口がふさがれてしまい、皮脂が詰まってしまう。

PS. 男性は女性よりも皮脂量が多いそう。よりこの状況に拍車がかかっているのだ…

皮脂が詰まっただけではニキビにはならないのだが、ここでよく聞く「アクネ菌」の登場。
アクネ菌とは普段から肌に住み着いている常在菌で、ニキビのない人でも肌に存在している。

ただ、アクネ菌は皮脂をエサにするので、毛穴に詰まった皮脂はアクネ菌にとって絶好の住処だ。

そうしてアクネ菌が毛穴の中で繁殖し、炎症を起こして湿疹、つまりニキビができてしまうというわけだ。

要するに、化粧水を使うことで肌の水分と油分のバランスを保ち、肌の状態がよくなり、ニキビができにくくなるのだ。

③メンズメイクをするときの化粧乗りがよくなる

これは男子でメイクをする人、またはメイクを始めようと考えている人向けだが、化粧水を使ってからメイクを始めるほうが断然化粧乗りがいい。

また、ファンデーションやBBクリームを塗った時も肌が乾燥でボロボロとはがれるのを防いでくれる。
ファンデで肌がぼろぼろしてしまうと、見た目も悪いし、メイクしてるってバレてしまうぞ。

さいごに

これまで化粧水の効果についてみてきたが、その偉大な力をわかってくれただろうか。

今化粧水を使っている人はその力を感じながら肌に優しくしみこませよう。
使ってないけど使ってみたくなった人はドンキか薬局にLet’s Go!

また、乾燥肌の人は特に化粧水だけだと時間がたてば乾いてしまい、油分が多くなってしまうので 「保湿」をすることも同じぐらい大事だ。
保湿についての記事も上げる予定なので是非そちらもチェックしてほしい。

今回の記事が、少しでも参考になればうれしいな。

けんと

illumoの編集・ライター。仙台に住む大学生。 数年前からメンズメイクを始め、美容に興味を持つようになった。 「肌キレイですね」と言われて快感を得るタイプ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。